平成26年度産米 特別栽培米の栽培履歴(佐藤農場)

※直売所で販売している「減農薬栽培ユメピリカ」の栽培履歴は、下表の右側をご覧ください。

お米の栽培暦 無農薬栽培 低(減)農薬栽培
 作付品種  ゆきひかり

ゆきひかり

ほしのゆめ

ゆめぴりか

ほしのゆめ

種子消毒  4月6日  60℃のお湯に種もみを9分間浸す温湯消毒(無農薬殺菌処理
本田施肥

5月7日

 ・オーガニック853(有機肥料)

  100kg/10a

 

 

 

 

5月6日

 ・オーガニック853(有機肥料)

  50kg/10a

 ・側条444(化成肥料)

  30kg/10a

 ・グアノ燐酸(有機肥料)

  40kg/10a

移苗

5月25日(田植え)

5月20日(田植え)

除草

 ・機械による除草(2回)

 1回目:6月18日

 2回目:6月28日

 ・パンチャー1kg顆粒(1kg/10a)

 1回のみ:6月6日

 

農薬成分比較

農薬成分なし

3成分 ※ネオニコチノイド系不使用

 ・フェントラザミド3.0%

 ・ベンゾフェナップ8.0%

 ・ベンフレセート5.0%

 ※全て除草剤(パンチャー1kg顆粒)

  に含まれる農薬成分です

収穫

9月14日

9月22日

北海道が定める水稲慣行栽培の化学合成農薬成分使用回数と、直売所で販売している減農薬ユメピリカの比較は次の通りです。

  殺菌剤 殺虫剤

殺虫・

殺菌剤

除草剤 植調剤
合計
  (種子消毒)
慣行栽培  7成分 (4成分) 5成分 5成分 5成分 0成分
22成分
佐藤農場ユメピリカ 0成分 (0成分)
0成分
0成分
3成分
0成分
3成分

直売所で販売している減農薬ユメピリカは、除草剤のみ使用しています。また、慣行栽培に比べて農薬成分使用回数を15%以下(上限22回中3回)までに留めています。

平成26年度産米のご紹介
佐藤農場の今年の新米4品種の概要をご紹介です。
平成26年度産米のご紹介.pdf
PDFファイル 753.3 KB

農薬について

【参考】農薬には様々な種類があります。一般的に、農薬は次の通り分類されます。

種類 用途
殺虫剤 農作物を加害する害虫を防除する薬剤
殺菌剤 農作物を加害する病気を防除する薬剤
殺虫・殺菌剤
農作物の害虫、病気を同時に防除する薬剤
除草剤 雑草を防除する薬剤
殺そ剤 農作物を加害するノネズミなどを防除する薬剤
植物成長調整剤 農作物の成長を促進したり、抑制する薬剤
誘引剤
主として害虫をにおいなどで引き寄せる薬剤
展着剤
ほかの農薬と混合して用い、その農薬の付着性を高める薬剤
天敵
農作物を加害する害虫の天敵
微生物剤
微生物を用いて農作物を加害する害虫・病気等を防除する薬剤

三重湖農産物直売所 「みのり」

【営業時間】

 (平日)10:00~16:00

 (土日祝)10:00~17:00

【定休日】

 毎週月曜日

 月曜祝日の場合、火曜が振替休日

【住所】

 北海道空知郡

 南幌町南13線西3番地

 三重湖公園内 レークハウスとなり

 

当店は、店舗が小さいため、

たくさんの商品を一度に置くことが出来ません。

事前にご連絡頂けるとご用意できますので、

お問合せフォームよりお気軽にご連絡ください。